ご挨拶


酒とともに歩む…酒類流通業の歴史とともに進化する横倉本店の人間力

 少子高齢化が進む中、日本は人口減少時代に突入しました。国内市場が収縮する一方で、グローバル化の波は、様々な方向からとめどなく押し寄せています。

 

 産業界の各分野では、猛烈なスピードで変化する市場に対して、その変化を予測し先取りする先見性と、変化に対応する柔軟性が求められるようになって参りました。

 

 酒類業界においても、免許制度が緩和される中で様々な構造変化が起こり、流通形態も大きく変化してきました。もはや過去の延長線上で物事を考え仕事を続けていくだけでは、企業の存続は有り得ません。

 

 当社では、この変革の時代を受けて、「卸問屋」=「メーカーから得意先への商品の橋渡し役」というこれまでの黒子的な役割から、取引先や消費者のニーズに対応した商品の企画や開発を積極的に行いながら、サービスや感動を提供する「製造卸」としての機能を強化して参ります。さらに、当社の経営資源である幅広い品揃えと情報に裏付けされたプロモーション活動を展開しながら、『お酒のコーディネーター』として新しい市場を創出し、社会に貢献して参りたいと思います。

 

 そして、140年の長い歴史かた培われた信用と、柔軟な社員の発想とを結集し、未来に向かってチャレンジし続けて行きたいと考えております。

 

代表取締役社長

横倉 正一