資格取得

1、ワインアドバイザー

社団法人日本ソムリエ協会では、1985年以来呼称資格認定試験を実施しています。ワインの楽しさを伝え、信頼を得るワインアドバイザーは実務経験をもつ現役のプロフェッショナルとして認定されています。予算や好みなど顧客の要望にあったワインを選び出し、アドバイスをしながら販売することができます。

 

『ワインアドバイザー』と名刺に表記されるだけでも信頼度はグンと上がります。そのためにも、資格取得のため勉強会を開き合格者が出るように各メーカー様にご協力いただいております。

 

受験資格

・20歳以上で酒類製造、販売、飲食系学校講師、調理等の実務経験3年以上の者

・日本ソムリエ協会員として2年以上在籍し、1の業務に従事しているもの

 

試験内容(8月頃実施)

午前中に講習会を受講し、午後に試験を行います。

・一次試験(筆記):公衆衛生の知識、ワインを含む飲料の必須知識

・二次試験(面接):口頭試問、デギュスタシオン(利酒)、サービス実技(ソムリエのみ)

 

2、シニアワインアドバイザー

・日本ソムリエ協会認定のワインアドバイザーである事。

・ワインアドバイザー資格認定後3年以上経過している。

・ワインアドバイザー受験時の受験資格対象職務を通算10年以上経験し現在も従事している。

 

上記3つの条件をすべて満たし、日本ソムリエ協会が実施する資格試験に合格した者。



3、利酒師・焼酎利酒師

お客様にピッタリの日本酒や焼酎を見つけ出し、どのように飲むとより美味しいかなど、コーディネートやアドバイスができます。仕事でのステップアップはもちろんのこと、販売でも商品開発にも活かせる他、料理との組み合わせを提案することもできます。

 

老若男女の方がこの資格を持ち、日本酒・焼酎のソムリエとして活躍しています。日本酒サービス研究会・酒匠研究会連合会が主催する利酒師講習会テキストに基づいた「受験資格認定講習会」を受講し、後日「呼称資格認定試験」に合格していただきます。

 

受験資格

・日本酒を学ぶ意欲のある20歳以上の者

 

試験内容

受験資格認定講習会:利酒師とは、酒税法、原料、テイスティングなど日本酒の知識を学びます。

呼称資格認定試験:筆記試験(一次)、口答試験・利酒試験(二次)